<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

言葉にできないそんな気持ち

気づけば、明日で7月も終わり。
今年の夏はとっても暑い。
夏は大好きなのに、さすがにこの暑さにぐったりです。

最近の私はというと、ここ2週間程、インドにどっぷり〜〜〜〜〜の日々を送っていました。


b0196011_20423950.jpg


まずは、20日のはじめてのkachuaでのライブ◎
馴れないいろんな準備で、ドキドキしていましたが、ふたを開けてみると17人もの方に参加して頂いて、とてもいい時間になりました。
演奏して頂いた3人の方はもちろん、foodや出店してくれた友人。
そして、いつもお店に足を運んでくれているお客様。
ありがとうの1日でした。

b0196011_20425993.jpg


お店の夜の表情もなかなか素敵です。
インドの古典音楽。
私にはまだまだ未知な世界がいっぱいですが、聞く度に面白い発見があって、
こうやって演奏者の方達と一緒にお仕事できるのは、とても嬉しいことです。
私はインドの工芸品に魅了された人ですが、音楽や舞踊など。
ベースに流れる、深〜いインドのルーツ的な物は一緒だなぁと思うのです。

そして、先週はkachuaの商品を縫製してくれている会社の方が来日。
お店にも招待することができました。
私が本当にビジネスのビの字も何もしらない時から、協力してくれている人達。
本当にありがたいなぁとしみじみ思います。

ちょっと前、私がちょっと落ち込んでいるとメールしたら、いつもはなかなか返信がないのに、村の私のホストファミリーから、3通もメールがやってきて。
涙ものの励ましメールでした。
はじめてインドに行った時にであってから、9年間。
私の傍で、時にはアホな話も真面目な話も喧嘩もしながら、温かく、厳しく、ずーっと応援してくれている人です。

この村で仕事をしようと思って、何も分からない中ただ思いだけで6ヶ月村に滞在した4年前。
インドの日々が旅行ではなく、生活になったとき。
今までは見えなかった、インドのいろんな現実がみえてきて、実はとっても大変でした。
いつも通っていたバス道の途中にある、工場地帯が爆発して、真っ黒こげになっていたり、言葉の問題や、体調を大きく壊したり、もう心臓がバクバクなことがいっぱいありました。

でも、インドに6ヶ月行くと決めたのは自分だったので、大変なことがあってもいったらダメだという気持ちと、自分のやりたいことを周りに認めてもらえないと思っていて、親や友達にも何故かいえなかったこと。
なんだか、ぎゅーっと何年かインドを行き来して感じた、いろんなことを思い出しました。


世の中には素敵なものがいっぱい溢れているのだけれど、
インドの何かに触れると私の中のsoul??がとっても喜んでるのを感じます。
それは、はじめてインドに行った時に、何故かなつかしいと思ったのと同じかな。

人にはそれぞれ、なんだかわからないけれど、好きとか。
言葉で説明できないけれど、ひかれる物がたくさんあって。
言葉にできない、なんとなくとかそんな感覚をもっと大切にしたいなぁと思う今日この頃です。
[PR]
by kamekachua | 2013-07-30 21:24 | kachua 手仕事と雑貨のお店 | Comments(0)

kachua瞑想会からのバガヴァッドギータ∞目からウロコな日々

先日の日曜日ははじめてのkachuaでのジョンの瞑想会がありました。
どうなるのかなぁと思っていましたが、ふたをあけてみると常連さんが半分。はじめての方が半分。
11名の方にお集り頂きました。

瞑想前には突然の雷と雨。
常連さんいわく、ジョンの瞑想会の前は必ず雨が降るとのこと。
さすが、六甲の仙人のジョン。

b0196011_18271952.jpg


私はずっとジョンに2年前くらいから、亀ちゃんは毎日10分でもいいから瞑想と呼吸法したらいいよといわれてたのですが、修行嫌いでbad studentの私は何かと言い訳をしながら、あまり真剣には取り組んでませんでした。
だけど、このタイミングでジョンからお店で瞑想会をやりたいといわれて、あぁ、これは多分本当に今、私に必要なことなんだなぁと思っての瞑想会でした。

久しぶりにたくさんに人と一緒での瞑想会。
やはり、一人でするのとちがうなぁと。
そして、最後のシェア会では話がつながりつながり∞全員鳥肌ものの面白いことが起きました。
これは、参加して頂いた方たちとのひみつ♡にしたいと思います。
来月もとっても楽しみです♪

b0196011_18222345.jpg


そして、月曜日は4月から始まったバガヴァッド・ギータの勉強会。
初回がもうちんぷんかんぷんで、挫折しかけたのですが、
昨日は、わぁお〜〜〜なんだこれは!!
もう、今自分に起きてることに対してのメッセージとしか思えないような話ばかりで。。
昨日は私は目からウロコ状態でした。。

ずーっと、9年前からお世話になっているインドのホストファミリーに、毎年嫌という程いわれ続けている言葉。

「楽しいこと、悲しいこと、いろんなことが起きるけれど、起きていることに囚われずに、目の前にあることを淡々とやりなさい。」

このことが、す〜っと理解できたのです。
ずっと、頭では分かっているけれど、お腹のなかでは理解できず??
なんで?なんのために??何故???
という疑問があって理解できてなかったのだけど、昨日はその部分がとっても腑におちて。。
そして、目からウロコ!?っていうことはこういうことなんかと。
私の価値観がぐる〜んとひっくりかえるようなそんな時間でした。
まだ、完全にはひっくりかえってませんが。。
まぁ、ぼちぼちと。

こういう、瞑想会や勉強会を共にする集まりのことを「サットサンガ」というそうです。
サットサンガとはサンスクリット語で、サット(真理、純粋なもの)のサンガ(集まり、同席)を意味するとのこと。

この言葉はジョンの瞑想会でもギータの勉強会でも耳にした言葉です。

日々人生ではいろんなことが起こります。
一人では抱えきれない時に、こうやって同じ目的をもって一緒にいろんなことをシェアして歩んで行ける仲間がいることってとってもありがたいなぁとしみじみと思いました。
それはヨーガに関わらず、仕事を一緒にやる仲間でもなんでもあてはまること。

ヨーガという物に触れてから、10年?
いまだに、アーサナを全く覚えない私ですが、昨日は何だか新しいドアがあけたような気がしました。

それにしても、インドでなんであんなにクリシュナが人気なのかもよく分かりました〜
男前だからじゃないんだなぁ。。
[PR]
by kamekachua | 2013-07-16 22:11 | 日々のこと | Comments(0)

「北欧からの便りとティータイム展」

毎日あついですね〜>_<
そんな暑さに少し涼しさを。
次の企画展の案内です!


b0196011_10594744.jpg
「北欧からの便りとティータイム展」

7/31-8/18
北欧から素敵なキッチン小物が届きました。


ヘルシンキのセカンドハンドショップには、たくさんのアンティーク食器や洋服、家具や雑貨が所狭しと並んでいます。

ほんの一部ですが、ティータイムが待ち遠しくなるようなアイテムをご紹介します。


期間中は特別カフェメニューも登場しますよ!

皆様、是非おこしくださいませ^o^
[PR]
by kamekachua | 2013-07-15 11:00 | イベント情報 | Comments(0)

一冊の本と自分の気持ち

今日から7月。
月日が流れるのは本当に早い早い。
もう、夏だ。
暦では夏至がすぎたから、もう冬にむけていろんなものは準備をはじめている。

3月にインドから帰って来て、お店の準備をして、お店をひらいて、いろんな人達と出会って、再会して、、、
今思うとなんだか、この4ヶ月は今までの人生のいろんなものがぎゅっと濃縮されたような日々でした。

去年の今頃は、自分がお店をひらくということは頭の隅には全くなく。
人生のなかでお店を開きたいという確固たる、思いもなかったわけで。
本当に人生って不思議だなぁ。。
この急激な変化に自分があまりついていけてないことに、気づく7月です。


それでも、どんな風に私はお店をしていきたいのかなぁと改めて考えることも多くて。
ここ最近は自分に必要で大切な物、いらないものをなんとなくもそもそ自分と会話してました。
そしたら、たまたまムンバイに住む私の親友のインド人の女性とチャットしていたら、彼女もそうだよって。彼女とは実は1回しかあったことないのだけど、いつ話してもいろんなことがリンクする大切なお友達。

そしたら、今日、ぽーんと思い出した一冊の本と自分の気持ち。

とても好きな本「食堂かたつむり」
私は本は読む時は全く読まないし、読む時は本当にたくさん読む。
この本はひょんなことから、家にやってきて出会った本。

b0196011_1918496.jpg


一日一組だけをもてなす、山あいにある食堂のお話。
この本を読んだ時にもしお店をするなら、こんなお店をしたいなぁと思ったのを思い出した。

そうそう。
そんなかんじ。
そんな気持ち。

ちょっと思い出した。
[PR]
by kamekachua | 2013-07-01 19:26 | 日々のこと | Comments(0)