「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コブラ使いの青年

インドと言えば。。。
浮かんでくるイメージの中のひとつに笛をふきコブラをあやつる「コブラ使い」

最近は有名な観光地でショーとしてしか、見ることが少なくなって来ている様子。

先日、笛をたくさん集めているミュージシャンの友人が遊びに来て、コブラ使いの笛「プンギー」を吹く人を捜したいとのこと。
私がお世話になっている、ホストファリーがいろんな村人に聞き取り調査をしたところ、なんとプンギーを吹く青年を発見。

家に演奏しにきてくれました。
プンギーの音はなにかなつかしい気持ちにさせてくれる音。


b0196011_0491643.jpg




雨期に多い蛇を駆除をするときに、この笛をふき、自然に蛇がこの楽器の音に反応しているスキをみて蛇を捕獲するそう。

今では仕事としてこの笛をふくことはほとんどないそう。
演奏して、そしてこの地方に伝わるラジャスタニーダンスも披露してくれたこの青年。
とっても楽しそうで、私もそれをみてまた嬉しくなりました。
[PR]
by kamekachua | 2013-02-12 00:50 | インドでの日々 | Comments(0)

インドの家族

今、私が滞在している場所。
ジャイプールから2時間の小さな村パレイ。

初めてインドに訪れた時に、たまたまホームステイすることになった場所。
ほんとうに何も無い小さな村。

b0196011_20421329.jpg


あの時はちょうど小麦の収穫のシーズンで、そこら中で黄金の小麦の穂がたなびいて、自分がまるで風の谷のナウシカの世界にきたのではないかとほんとうに感動した。

そして、畑仕事をしたり動物と共にシンプルな生活を送る人達。

b0196011_20473850.jpg


b0196011_20493061.jpg


b0196011_2052261.jpg



もちろん、街で目にする豪華なお城や、素晴らしい染織品もとっても素敵だったけど、何故か一番好きで心に残ったのはこの村での日々だった。
この村がなければこんなにインドに通わなかっただろうなぁと思う。

実際に仕事をはじめて、いざ生活するといろんなことが見えて来て、びっくりするくらい上手くいかないことや、大変なことが毎日おこるけれど、それでもやっぱりこの村がすきだなと思う。

そして、毎年、少しづつこの村の人に知り合いができて、みんな成長していく姿をみれるのも面白い。

最近、結婚してお嫁に行ったウルミラ!
偶然、帰って来ていて再会できた。
b0196011_21151057.jpg


村の子供達。
みんな毎年、成長して大きくなって行く。
b0196011_21163059.jpg


職人さんとも本当に簡単な言葉でしか、コミュニケーションがとれないけれど、それでもすこしづつお互いに信頼関係ができてきて、前よりもどうすればお互いの仕事が上手くいくのか、少しづつだけど分かって来た。
日本のスピードとはあまりにも違って、焦る気持ちもいっぱいあるけど、やっぱり少しづつ、やれることをやっていくしかないなぁと思う。

ジャイプールに一緒に、材料を買い出しにいきましたモーダンジー!
b0196011_21182336.jpg


私が滞在しているお家。
b0196011_20541816.jpg


b0196011_214848.jpg


お家の敷地にあるハヌマーンジーが奉られた、お寺。
仕事を始める前にはお祈りする。
b0196011_215710.jpg


家から見える景色。
b0196011_216374.jpg


晴れた日は本当に夕日が美しい
b0196011_2171548.jpg


そして、いつもお世話になっているホストファミリーのヴィレンドラとアルナ!
私の大切な家族♡
ハネムーンでインドに一緒にいって、この村で結婚式をあげた直美さんが、kachuaの布で、帽子とカバンをつくってくれました。
ありがとう〜。

b0196011_21105835.jpg

[PR]
by kamekachua | 2013-02-06 21:21 | インドでの日々 | Comments(2)

手仕事に込められたスピリット

前回のブログで明日には風邪を治す!と宣言した私ですが、、
結局今日まで風邪をこじらせ、ほとんどのベッドの上でした。。

なんとも、病院いって薬ももらったのに、こんなに長くかかるとは。。
治るのもインドタイムなんか〜と。
なかなか治らず、鼻にきて頭も回らないのでなにも出来ず、焦る私。
身体弱ってると、気持ちもネガティブにどんどん。。
ってことで、Skypeでネガティブはるみとお相手をしてくれた方々ありがとうございました。
風邪も一山越えたようです。
ってことで、元気を取り戻しつつあります。
でも、油断禁物なのでゆっくりやろうと思います。
なんだか、この何もできない間に、せわしなく焦る自分とのんびりまったり動いて行くインドのリズムの温度差が少し滑稽で、インドの時間に身体をあわせる時間だったのかなぁとふと振り返っています。

肝心のプリントは今週始まると思っていたけれど、、これも案の定、結婚式があるから5日から!と職人さんに言われて。。「オーマイゴット!!」予定崩れまくり。。
でも、いつものことだし、体調悪いから休めってことかなぁと。インド歴が長くなると物事をポジティブな方向へ転換できるのだけは早くなる様子。


でも、自分が動けなくてもちゃんと物事は動いていて、先日はるばるカルカタから素敵なものが届きました!!

b0196011_19372193.jpg


手紡手織りのカディーの布
カルカッタで同じように仕事をするpukurの雅代さんがアレンジしてくれてこのカディの布を今回使えることになりました。

手にした瞬間、とっても温かい気持ちになって感動。
これが手紡手織の布の持つパワーとかエネルギーみたいなものなのかな。
あきらかに、他の機械で織られた物とちがうのです。

それを私のホストファミリーでもあり、この村での商品作りをアシストしてくれているヴィレンドラに伝えると「それがカディーに込められたスピリットだよ。」と。


b0196011_19464791.jpg



実は初めてブログで紹介するかも?なkachuaの商品の縁の下の力持ちのヴィレンドラ。
彼の家に初めてインドに来た時に滞在して、農業のことや手仕事のことアートのことなどいろいろ共感して、この村でなにか一緒はじめたいなと思ってkachuaの仕事を始めました。

彼もインドの紙粘土ペーパーマッシュで作品をつくるアーティストです。

b0196011_2022892.jpg


ペーパーマッシュのガネーャジー!

今回このカディーを手にして、手仕事に込められたスピリット。
そんなものが伝わる商品作りや、この地域の素晴らしい手仕事を紹介して行きたいなと改めて思いました。


そして、最後に素敵なカディーをアレンジしてくれた雅代さんとDineshさんありがとう。
[PR]
by kamekachua | 2013-02-02 20:09 | インドでの日々 | Comments(0)