カテゴリ:日々のこと( 60 )

インドで感じた心が感じる豊さ

今日で2015年も終わり。
インドから帰国して早、3週間以上経ちました。
インドの時間の流れとはちがい、あ!という間に過ぎる日本での日々。
毎年、帰国後はインドでの濃厚な日々をとても恋しく思うのですが、今回はするすると日本での日常に馴染んでいます。帰国してからたくさんの方にお店に足を運んで頂き、お会い出来て嬉しい時間でした。ありがとうございました。

今回のインドの旅は本当に充実していて、体調も壊す事なくいい工房や職人さん、そして同じようにインドの布を愛して活動する人達と、とても貴重で温かな時間を過ごすことができました。
それは、今回の滞在で自分が心地よい職人さんとの仕事の仕方や、インドでの日々の過ごし方をどんなものなのか意識して過ごしたことが大きかったように思います。
必要以上に仕事を詰め込まず、日本での日々の営みと同じように、食べる事、寝る事、仕事をする事、友達と過ごす時間、そんなことを大切に過ごすことで、自分の心にゆとりができて、結果的にいつも以上にいい仕事ができました。
それは、これから仕事を続けていく上でもとっても大事なことのように感じています。


今回の旅で一番印象に残ったのはインドの田舎の人達の暮らしぶりです。
もともと、インドの田舎でゆっくり過ごす時間が好きなのですが、やっぱり自分がとても美しいなと思う瞬間やリラックする時間を持てるのはインドの田舎に滞在している時でした。


b0196011_18244998.jpg


シャンティニケタンでの朝日。
ちょうどお米の収穫のシーズンで朝日で黄金色に光るライスフィールドがとってもきれいでした。

b0196011_1832738.jpg


サンタル人の人達のお家。
土で建てられた家はとても清潔で美しい。
夏は涼しく、冬は暖かく機能的。
牛を始め、ヤギ、鶏などの家畜と共に一緒に生活している。

b0196011_18363436.jpg


とても美しいハンディクラフトを作るサンタル人の人のお家の壁。
彼女はとてもクリエイティブで周辺のお家の中でも、このお家の壁が1番きれいでした。


b0196011_18402858.jpg


ベンガルの村にて。軒先でカディを織る織り機に使う糸を整経する女性。
道具は全て身の回りで手に入るもので作られている。

b0196011_20245259.jpg


ガムチャ一枚を身につけて、カタンコトンとカディを織る男性。

b0196011_20251318.jpg


遠くから聞こえてくる、機の音を便りにお家をのぞくと、機をおるお父さんの姿とそのすぐ側で遊ぶ子供達。

b0196011_20254239.jpg


ジャガード機を使って、黒と赤の美しいシルクのサリーを織るお父さん。

b0196011_2026117.jpg


近所の子供達。村の奥へと続く一本道へと。

このベンガルの村は至る所で、布の仕事に従事する人をみることができて、食事をすることと同じように生活の一部に糸を紡ぎや、機を織る仕事が普通にあり、とっても豊かだなぁと感じました。

そこで同じく村の生活が好きなインドの友人ciragと話した話が心に残っています。

「村の人達はとってもオープンでフレンドリーだよね。そして、身近なものを使ってとってもシンプルな生活を送っている。はるみは村が好きかい?」

「インドの村に滞在するのはとっても好きだよ。村で生活する人達はとても生き生きしているし、私も村にくるととってもゆったりした気持ちになる。」

「都会に住む人は村に移り住みたいと思って、でも村に住む人達は都会に住めばもっと豊かになれると思って都会に住みたいと思う。おかしな話だよね。みんないつも自分にないものを求めてばかり。」

“But,This is LIFE!! (これが人生!!)”
(今回、私達友人の間ではこの言葉が大流行り。)

インドの美しい手工芸品の文化が途絶えて欲しくない、変わって欲しくないと願う私はとてもモノが豊かな発展した日本からきた外国人。自分の国はとっても変わってしまているのに、他国の国にそれを望むのはとても傲慢なことだと思いますが、この「心が感じる豊さ」という感覚をとても大事にしたいと今回の旅では強く思いました。これから、愛すべきインドの手工芸品がどうなっていくのか、末永く見守って関わっていきたいなと思います。

2015年大晦日
[PR]
by kamekachua | 2015-12-22 18:49 | 日々のこと

夏休みのひととき

気づけば夏も終わりです。
4月からずーっとブログを更新していませんでした。

4月の中旬から5月の末まで、リピさんが来日したり、いろんな事が同時並行して、ほーーーんっとにめまぐるしく濃厚な日々であっという間に時間が過ぎ去りました。なかなか書きたい事がまとまらない日々。

そして、kachuaのオリジナルのお洋服の展示会の日々が続き。。

きづけば、こんな時期になっていました。
ブログも気になりつつも、何かお知らせだけで終わるのもいやだなと思い、書きたいと思えるようになるまでいっそ書かないでおこうと開き直っておりました。
(楽しみに下さっている方がいらしたら、すみません。)


8月は今年は9日程、お休みをもらって長野の小谷村(おたりむら)に住む友人宅へ遊びにいっていました。
写真がありませんが、友人のお家が本当に素敵で。素敵で。
今回の長野の一番の思い出になりました。

b0196011_18562180.jpg


長野は何が違うんだろうという程に、空の青さと山や森の緑がとってもきれいでした。

b0196011_18592389.jpg


今回は念願の草木染めを。
そして、長野でのんびりを満喫。

今回は、下地染めに豆乳とミロバラン
染めに ハナモツヤクと蘇芳を。



色の変化は草木染めの楽しみの一つ。



b0196011_191949.jpg


下地染めや生地の違いで、同じように染めても色の変化がうまれるのもまたおもしろいところ。
b0196011_1914757.jpg


母は、簡単な手作り機を使って、念願の羊毛の座布団を。
自然いっぱいの野外で、とっても贅沢な時間。


b0196011_1921091.jpg


近くの湖や山を散策したりとってもいい時間でした。

蓮の花ってきれいな水では大きく育たないそう。
汚い水であればある程大輪の花を咲かすという。
仏教でよく用いられる蓮に、そんな深い意味が込められていたとは。。
[PR]
by kamekachua | 2015-08-29 19:15 | 日々のこと

おわり そして はじまり

今日から2月のはじまり。
なんだか、月の始まりということ意外でも、なにかスタート的な雰囲気が色濃い今週です。

私は最近、合気道を習い始めました。
ヨガはず〜っと長い間やっていたのですが、全く覚えないのでどうしたものかと思っていましたが、、
合気道がこんなにも楽しいなんて!
“びっくり”
です。
行くたびに心も身体もリセットされる感じなのです。
まだ始めたばかり、これからの変化が楽しみです。

さて、今年始めの企画展の:octavusさんの展示も今日で終わり。
たくさんの方においでいただきました!
楽しい時間をありがとうございます。

b0196011_1872660.jpg


火曜日2/3からは先週までシサム工房堀江店さんで開催されていた、「kachuaのチクチク展」が六甲のお店ではじまります。

b0196011_1853963.jpg


インドのいろんなチクチクがそろっています!
kachuaのオリジナルのバッグにもチクチクが!?
お待ちしています。

さてさて、インドでは今年の春夏のお洋服等の作業のやりとりが進んでいます。
今年はもう何カ所か展示の予定も決まり、お披露目するのが楽しみです。
無事に進みますように!

b0196011_18131493.jpg


b0196011_18144640.jpg

[PR]
by kamekachua | 2015-02-01 18:14 | 日々のこと

秋のかおり

b0196011_9552137.jpg


ここ2週間で急に肌寒く、涼しくなってきましたね。
空の高さや風や花の香りなど、いろんなところでふとした瞬間に秋を感じる瞬間が増えてきました。

私の身体も夏から秋へと急速にモードチェンジしようとしているのを感じます。
8月まではバタバタと急がしかったので、意識して9月はゆっくりと過ごしています。

先日、一階のレピスさんの1周年記念にあわせて、yogaの先生ののりこさんから、少し早めの1周年半記念のお花を頂きました。

b0196011_1003724.jpg


突然、お花をもらえるのはやっぱり嬉しいですね。
きれいなグラデーションのお花。
この花を見て、私のインドのホストファミリーを思い出して、この花をプレゼントしてくれました。
たくさんの花が入った花束ももちろん素敵ですが、一輪のお花をじっくり愛でるのもとっても素敵だなぁとしみじみ。
心がほかほかしました。

ありがとう。
[PR]
by kamekachua | 2014-09-18 10:04 | 日々のこと

初心忘るべからず

きづけば、8月ももう後半。
夏も終わりですね〜。
6月からなんだか、ばたばたと駆け抜けた日々でした。

現在、神戸の海岸通りのNAVY SALT STOREさんにて期間限定ショップをさせて頂いています。
今週の日曜日24日13:00ー18:00まで。
明日から毎日在店しています^^
是非、お近くにこられる方はおこし下さい。

b0196011_21284899.jpg


b0196011_21292332.jpg


b0196011_21295152.jpg


普段はバリの方たちと革のバッグやお洋服をつくられている、NAVY SALT STOREさんの素敵な商品もお店にありますよ。

最近、これからの活動について、同業者の方と他の方とお話することが続き、すこしもやもやとしていた気持ちがするっとほぐれていっている感じです。
ずっと、一人で仕事をしているとやはり悩むことはたくさんあって、同じことを共有できる人や場所というのがとっても大事だなぁと最近感じます。

そして、始めた時の気持ち。
ブレないようにしていきたいなと改めて思いました。
[PR]
by kamekachua | 2014-08-21 21:39 | 日々のこと

山の中と雨とお休み

今年はしっかりお盆休みをいただいて、田舎にかえってのんりとしてきました。

携帯の電波も届かないような、山の中なのですが、やっぱり自然の力ってすごいなぁと改めて。
3日ほどでしたが、いっぱい寝てなにか心がすっきりした時間でした。

b0196011_19521350.jpg


昨日はあいにくの雨でしたが、杉の木につく水滴がとってもきれいで。

大事ですね。
こういう時間!
[PR]
by kamekachua | 2014-08-16 19:56 | 日々のこと

7月のいろんなこと。

気づけば、以前ブログを更新してから1ヶ月も経っていました。
7月はもう、瞬く間にすぎていき、、バタバタの日々でした。

風邪をひいたり、インドからの荷物が遅れに遅れて、ストレスで腸炎に悩まされたり。。
お店の企画や卸の仕事やら、いろんなことが重なり、ひさびさにパニックになってました。。
いろいろ、反省することも多々あり。
そんな時ももちろんありますね。

b0196011_16184780.jpg


今日は久々にお店の窓を気合いをいれて、ぴっかぴっかに磨きました。
とっても気持ちがいい。
何か今までもやっとしていたことが、すっきりしていくようなそんな気分に。
こういう、なにげないことがとっても大切だったりします。

おかげさまで、7月はシサム工房、京都店・岡本店・堀江店でkachuaのお洋服を販売させていただきました。

中でも、堀江店では個展形式で現在も展示させて頂いています!
今週の日曜日3日まで。
私は2日(土)12:00〜17時ごろまで
3日は14時ごろから〜18時まで 在店しています。

http://www.sisam.jp/blog/news/sisam46190.html

展示の様子をちらり。

b0196011_16313465.jpg

今年は初めてお洋服をインドでつくりました。
ダブプリントの夏にぴったりのカディ生地で。
気持ちいいですよ。

b0196011_16312292.jpg

新作のkachuaのはんこ達♡

b0196011_16313630.jpg

堀江店のスタッフさんも素敵に着てくださっています。
モスリンフレンチスリーブ indigo/bird

b0196011_1631491.jpg

モスリンリバーシブルブラウス kasiss/bird
ブロックプリントガーガラスカート

b0196011_16321293.jpg

そして、古色の美さんによるkachuaの木版を使った、ベンガラ染めWSも盛況でした!

b0196011_1632298.jpg

子供達のツボにはまったのか、ずっと笑いながら楽しそうにはんこを押す子供達。
b0196011_1633220.jpg

子供達の発想ってほんとに豊か。
こんなかわいいヨガはんこがリズミカルに!
b0196011_163484.jpg

私も押しました〜。
b0196011_16344259.jpg

一部の皆様の作品達!
素敵な物がたくさんできました〜。
[PR]
by kamekachua | 2014-07-31 17:52 | 日々のこと

カタックの巨匠とドゥルパド〜インドの古典に通じるもの〜

先週末はインド七大古典舞踊のひとつ“カタック”の巨匠「パンディット・ビルジュー・マハラージ」の公演を見に行ってきました。

26年ぶりの来日、そして彼はすでに70歳を超えているということ。
こんな機会はめったにないだろうということ。
そして、巨匠と呼ばれる人のパフォーマンスがどんなものなのか、一度みてみたいという思いからでした。

b0196011_154655.jpg


彼が舞台に出てきた瞬間、今まで踊っていたダンサーとは全く違う、オーラのようなものにびっくりしてしまいました。
マハラージは年齢のためか、激しい踊りを踊ることはしないのですが、その存在感というのでしょうか、手先指先、そのたたずまいから、脈々と何代にも渡り受け継がれた光輝くものを感じました。
本当にとっても美しいのです。
単純に踊るという動作を超えた、それはそれは美しいなにかを彼の存在から感じたのです。

それは、天性の素質、そしていままでの過酷な練習の積み重ね。
そんなものを超えてしまうような、なにか特別なもののように私には感じられました。

インドでは時々、そんな特別な言葉ではいいあらわせない何かオーラーをもった人に会うことや、感じることがあります。
それは、人によっては神様というものかもしれません。

インドの文化で脈々と受け継がれているもの。
それは、舞踊や音楽はもちろん、私が魅了されている印度更紗の職人さんの仕事なども含め、その中には全て美しい何かが封じ込まれているように私は感じています。
それは、世代や時代を超えて、技術だけではなく、精神性として大切に受け継がれている本当に美しいものだと思います。

そんなインドの古典芸術の一つの音楽を毎年、バラナシに修行にいっているなおちゃんとカネコさんのドゥルパドのライブが今週の金曜日にkachuaであります。
ドゥルパドはインドでもとってもマイナーなものなのだそうですが、シタールやタブラの原点でもある本当に古くから伝わるものだそうです。

バラナシでの修行は師匠から口承で伝えられ、録音することもメモをとることも許されないそうです。とても厳しいようですが、それだけ、一対一。一瞬一瞬。に師匠から伝えられる大切なものなのだと思います。
5月に帰国したばかりのなおちゃん。
関西ではまず、最初のライブになります!
とっても楽しみです。
是非、お越し下さいませ。

小さなお店ですので、お席に限りがあります。
ご予約されるのをおすすめまします。

*liveにはブッタガヤの女性と商品を作るnimai-nitaiさんの新作のお洋服等もの展示されています。
是非、会わせてご覧ください。
b0196011_1331859.jpg

[PR]
by kamekachua | 2014-05-21 10:04 | 日々のこと

からだはお寺

30日。
2013年ものこすところ、あと1日。

今年は本当に、自分のいる環境がめまぐるしく変化した1年でした。
最後の最後に、ぎっくり腰という爆弾をもらい。
寝たきりになったおかげか?
2013年を少し振り返る時間が持てました。

本当に去年、自分が想像もしていない所に自分がいて、びっくりです。
1年でこんなに変化するんだなとしみじみ。
環境もだけれど、自分の内面がとっても変化したように感じてます。

そして、今、つながりたい人とちゃんとつながっていられていること。
周りの人の温かさ。
この、2、3日だけでもひしひしと感じました。

今日、友達がくれた素敵な言葉。
「からだはお寺」

来年は、1にも2にも自分の身体をもっと大切にしたいなぁと思います。

あとは、穏やかな日々。

この2つにつきますね。

それでは、みなさまよいお年を!

b0196011_1845842.jpg

[PR]
by kamekachua | 2013-12-30 18:07 | 日々のこと

変わらないインドのリズム

気がつけばインド行きまであと1週間です。

あれやらなきゃ〜ってこといっぱいなんですが、全然準備が進まず。。苦笑

ちょっと、焦ってたんですが、たまたま今日村のホストファミリーに電話したら。。

「おはよう〜」

「今、何してるの?」

「チャイ飲んでるよ〜with morning sun light」

「アルナは(奥さん)?」

「朝ご飯作ってる」

なんかこの会話を聞いたら、いつもの村での日常の光景が浮かんできて。。
まったり。

なんだか、なに焦ってんだろう。
私。
そんな気持ちになりました。

b0196011_18604.jpg


インドは変わらずのゆったりのリズム。
そうだった〜
こんなかんじやわ。

なんとかなるかぁ。
(インドマジック笑)

b0196011_1881397.jpg


今日も変わらず、村では朝晩牛車で出勤していくおじさんが、
同じ時間に仕事に行き、家に帰って行ってるんだろうなぁ。
ふふふ
[PR]
by kamekachua | 2013-09-06 18:10 | 日々のこと