浴衣と布モノ展ーベンガラと藍の染めと柄ー

今日は春分の日。
昼の長さと夜の長さが同じ日。

日に日に勢いが増していく、植物の成長ぶりに毎年この時期は驚かされっぱなしです。

さて、次回の展示のお知らせです。

ベンガラ染め職人として古色の美に在籍する、 
小渕裕(オブチ ユタカ)さんによる浴衣の受注会を開催します!
シャツやパンツ、カバン布モノの販売も行いますのでおこしください。

浴衣と布モノ展 ー小渕裕ー
2016.4.2(sat)-17(sun)

浴衣の受注会を開催します。
小幅の反物を1点1点手染めしました。
小幅とは30cm強ほどの布のことで、江戸時代まではこの布が主流でした。
木綿や麻で織られた小幅の布は夏は涼しく、冬は暖かい。
ベンガラと藍の色。型染めや板締め絞りで染めた柄。
浴衣として、着物として。お仕立て致します。
シャツやパンツ、カバン布モノの販売も行います。

b0196011_15442167.jpg



b0196011_15444145.jpg


b0196011_1628071.jpg


小渕裕(オブチ ユタカ)
ベンガラ染め職人として古色の美に在籍するかたわら作家としても活動。
着物や浴衣で使われる小幅の織布に絞り染め、型染め、防染などの技法で染めた布を和装・洋服・カバンなどに仕立てています。
日本風土に合った色と素材をテーマに制作しています。


「ベンガラ染めとブロックプリントのワークショップ」も開催致します。

Kachua監修のオリジナルの木版キットを使って、ベンガラ染めを染料にインドの伝統的なブロックプリントを体験出来るWSです。
WSではベンガラ染めでハンカチをプリントします。
お家からお持ち頂いた布を一点ご自分でプリントして頂けます!

木版キットはこちらの2種類からお選び頂けます。

b0196011_155054.jpg


b0196011_15501642.jpg


「ベンガラ染めとブロックプリントのワークショップ」

   
日時:4月9日(土)
13時~15時

講習費:5800円※キット代込み(お茶・お菓子付き)
※木版キットはお持ち帰りいただけますので
 ご自宅でも染めものが楽しめます!

定員:6名

持ち物:エプロン。(又は汚れてもよい服装でお越しください。)

特典:お持ち込みOK。
   「布やTシャツなど染めたいものを1点お持ちください。」

ご予約先:kachua店頭または078-200-6634/「件名を木版プリントWSにしてinfo ☆kachua.net(☆をマークにかえて)までお申し込み下さいませ。
[PR]
by kamekachua | 2016-03-18 21:53 | kachua 手仕事と雑貨のお店 | Comments(0)
<< 瞑々 めいめい 〜kachua... ポーランドの織物から感じる物づ... >>