「ほっ」と。キャンペーン

親切なインド人

ナマステ!
おとといの夜、無事にインドのデリーにつきました。
今はデリーから二時間程のパニパットという場所にいます。

関空→香港→デリーのフライトだったのですが、香港—デリー間の隣の席の男の子がとても親切で、携帯のsimカードを購入するのや、ホテルからのtaxiドライバーに会うこと等いろいろとサポートしてくれました。
だまされると有名なインドですが、私はインドでは騙された思い出はほとんどなく、いつも誰かに助けてもらっています。
今回の旅もついてるなぁとしみじみ。

b0196011_14343531.jpg


彼の名前はアマンといって、オーストラリアのメルボルンのホテルで働いているそうで、2年ぶりにインドに帰省するとのこと。今回、結婚するそうでそのために3ヶ月休みをもらったとのこと。インドは90%が親の決めたお見合い結婚なのですが、まだ結婚相手は決まってないそうです。笑
日本では考えられないですね!
彼はよく描かれるインド人のイメージとちがい、とてもシャイで穏やかで無口。
でも、話かけるといろいろと話をしてくれて、長いフライトも楽しく過ごせました。
ちなみに通路を挟んで隣の席のインド人は一時間ほど、大きな声でフライトアテンダントに苦情をずっと話していて、うんざりしました。。苦笑

アマンは私が3ヶ月インドにいると言ったら、是非結婚式に遊びにきて!といってくれました。インドでは結婚式は人生の中でとても大きなイベントで、本当にたくさんの人がお祝いに訪れます。
インド人は人との距離がとても近くて、こうやってすぐに家に招いたりしてくれます。それも日本ではあまりないことですよね。
私が好きなインドの面の一つです。

空港にはアマンの親戚が大勢迎えにきていて(デリーから5時間もかかる場所からですよ!)それまで、ポーカーフェースだったアマンの顔がかなりのにっこり顔に♡なんだか、私も嬉しくなりました!
「素敵な奥さんとめぐりあえますように!」とお礼を言ってお別れしました。
[PR]
by kamekachua | 2012-01-09 14:35 | インドでの日々 | Comments(0)
<< インドの洗礼 スリランカのお坊さん >>